HOME

What's New(新着情報)

値段がつかないと言われた下取り中古車の行方

新車への買い替えの際は、当然今乗っている車を査定してもらい、あわよくばその下取りの分も新車購入資金にと考える人が多いと思います。ところが多くの場合、特に長く乗っていればいるほど、「残念ながらお値段がつきません」という結果になる事が高いのも事実。実際、そういう経験をされている方もいらっしゃる事でしょう。

では、その「値段がつかない」と言われた中古車の行先ですが、どうなっているかご存知でしょうか。あまりにも古い、事故車である等の場合はそのまま廃車にされてしまう確率が高いですが、それ以外の場合、売り物にならないか一通り確認が行われます。ここで売り物になると判断されると、ある程度綺麗にした上で中古車として売りに出される、という訳です。

中古車の査定をした事がある人ならわかる話ですが、巷の中古車屋さんで20万位迄で売られている車は、普通に査定した場合値段がつかない事が多いです。それらの車は、前述のような車が、最初に引き取られた所から、オークションや業販(業者同士の売買)等に出され、めぐり巡って…という風になっている事が多々あります。

こう書くと最初に引き取ったディーラー等の業者が騙しているみたいですが、査定基準で値段がつかない場合は、やはりその基準で引き取るしかないので、業者さんたちが嘘をついているということではありません。やはり、こういった例は稀で、売れれば儲けものですが、実際は業者自身が負担して処分する事の方が多いのです。

とはいえ、値段がつかないと言われた旧愛車、もしかすると中古車として誰か第二の人生を歩んでいるかも…そう考えるとちょっとうれしい気がしませんか?アイシスの買取りならこちら

HOME